今日はライターの鍵和田啓介さんが1月24日公開の『ANNIE/アニー』(ウィル・グラック監督)について書いてくれました。誰もが知る「Tomorrow」が主題歌のミュージカルの映画化であり、1982年の『アニー』(ジョン・ヒューストン監督)のリメイクでもあるこの作品ですが、キャストや時代設定を変えたただの焼き直しではなく、映画をリメイクすることの意味、さらには映画を信じることを問い直す作品になっているようです。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。