FLTMSTPC=「Fais le toi-même si t'es pas content=満足できないなら自分でやっちゃえ」。批評、映画雑誌の編集、翻訳、そして製作と様々な方法で映画と関わっている松井宏さんが「カイエ・ デュ・シネマ」の記事などを起点に、映画を作る/見せる/観ることについて探っていきます。
今回と次回で取り上げるのは、「カイエ」4月号の特集について。「どうやってシナリオを書くのか? アンチ・マニュアル」と題されたその特集から、どんなことが見えてくるのでしょうか? まずは同誌編集長のステファン・ドロルムさんが書いたこの特集の狙いを読み解いていきましょう。



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。