今週の映画川は現在公開中の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(ジョージ・ミラー監督)を取り上げます。文筆家の五所純子さんが、この映画に登場する女性たちの描かれ方について、同作にコンサルタントとして関わった劇作家イヴ・エンスラーの戯曲などをもとに考察していきます。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。