今週の映画川は、今年3月に全米公開された『While We're Young』(ノア・バームバック監督)が登場。世代の異なる2組のカップル(ベン・スティラー&ナオミ・ワッツ、アダム・ドライバー&アマンダ・サイフリッド)の交流を通して、それぞれが抱える問題に向きあっていく過程を描くこの作品を、映画批評家の大寺眞輔さんが同作の音楽も担当しているジェームス・マーフィーのある歌とともに紹介してくれます。
『While We're Young』は来年以降日本でも公開される予定とのこと。アメリカで封切られたばかりのバームバック監督の次作『Mistress America』(グレタ・ガーウィグ主演)ともども楽しみですね!



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。