boidマガジン

2015年11月号 vol.1

YCAM繁盛記 第19回 (杉原永純)

2015年11月07日 15:42 by boid
山口情報芸術センター=YCAMのシネマ担当・杉原永純さんが日々の仕事や同センターの催し、山口での生活について記録する「YCAM繁盛記」。YCAMで制作する『ギ・あいうえおス -他山の石を以って己の玉を磨くべし-』(柴田剛監督)の撮影がいよいよスタートしました。今回はその撮影初日の模様、柴田組の現場ならではの独特の撮影風景をお届けします。

現場での即興が続き、程よい緊張感と笑いの絶えない撮影現場だった



YCAM Film Factory vol.1 クランクイン。「ギ・あいうえおス」独特の撮影手法。


文=杉原永純


今月の主な業務
・10/9 『ニャッキ!』などで知られるアニメーション・ディレクターの伊藤有壱さん来山
・10/10 東京藝術大学大学院映像研究科第6期修了制作作品集館内展示開始/伊藤有壱さんによる上映ワークショップ「映画を2回観る会 2015 vol.2」:上映作品『ハーバーテイル』
・10/11 滞在中の柴田監督、制作の酒井力:YCAMと山口市内各所で開催していたDESIGNEAST 06のワークショップメンバーに混じって、新門司港から大阪南港へ、瀬戸内海上で1泊しながらの移動。滋賀でハイエースをレンタル(東京と比べて激安!)し、横浜、東京、京都と映画機材のピックアップの旅
・10/15 美術の西村立志、撮影のクレーンなどを載せてハイエース山口に帰着。柴田監督、なぜか前歯が上下抜けて帰って来る
・10/17 いろいろあって「くじら号」美術の修正作業開始。一旦離脱していた酒井力合流
・10/18 ファイヤー・パフォーマーの松本哲生(油火〈アブラビ〉 a.k.a 火星人共和国)、カメラマン高木風太山口入り
・10/19 録音:森野順山口入り
・10/20 「ギ・あいうえおス」新メンバー:堀田直蔵、妖精役:ヒスロム(加藤至、星野文紀、吉田祐)合流
・10/21 宇部市・オープンハウスにて『ギ・あいうえおス‐他山の石を以って己の玉を磨くべし‐』クランクイン
 今月分はここまで。


画面の中心にいるのは録音マイク=「ギ・あいうえおス」ではボーカルです。
特別なマイクを準備してくれていて、アナログ調の音が録れるとのこと
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

微笑みの裏側 第2回 (Soi48)

2015年11月号 vol.4

潜行一千里 第三十五回 (空族)

2015年11月号 vol.4

ほとんど事故 第19回 (梅田哲也)

2015年11月号 vol.4

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年09月号 vol.3

9月号第3週は明石政紀さん、Soi48、降矢聡さん、樋口泰人の記事をお届け...

2017年09月号 vol.2

9月号第2週はマルコ・ヴィッツィヒさん、青山真治さん、風元正さん、大寺眞輔...