boidマガジン

2016年04月号 vol.4

2016年4月号目次

映画川 『地球に落ちて来た男』 (川口敦子)

今年の1月に亡くなったデヴィッド・ボウイの初主演映画『地球に落ちて来た男』が7月16日から公開されます。1976年にニコラス・ローグ監督によって撮られた同作で、ボウイは異星か...

  いいね!   boid boid

人と伝書鳩~東北編~第1回(ヒスロム)

昨年「ヒスロム日記」にて連載をしていた任・ヒスロム鳩舎の鳩の成長を綴った「今月の鳩」から今後は「人と伝書鳩〜東方編〜」を不定期で公開してゆきます。東北地方の鳩舎は東日本大震災...

  いいね!   boid boid

無言日記 第24回 (三宅唱)

三宅唱監督がiPhoneを使って日々撮り続けている映像日記をお届けする本連載。今回は桜咲く3月下旬~4月中旬の「無言日記」と、その中でも撮影の様子が記録されているHi'Spe...

  いいね!   boid boid

微笑みの裏側 第7回 (Soi48)

世界各国の音楽を発掘・収集するユニットSoi48が、微笑みの国=タイの表と裏を見せてくれる連載「微笑みの裏側」第7回はカムペーンペット駅について。世界最大の市場と言われるチャ...

  いいね!   boid boid

ほとんど事故 第24回 (梅田哲也)

梅田哲也さんの連載「ほとんど事故」第24回目は前回の音遊びの会の公演から1週間後に行なわれた京都でのパフォーマンス公演について。公演は、中学生6人を含む18人のメンバーと共に...

  いいね!   boid boid

大音海の岸辺 第28回 前編 (湯浅学)

大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅学さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく「大音海の岸辺」は、前回に引き続きプリンス追悼特集。今回もこれまでに湯浅さんが彼の...

  いいね!   boid boid

大音海の岸辺 第28回 後編 (湯浅学)

「大音海の岸辺」第28回はプリンス追悼企画第2弾をおおくりしています。後編は『アート・オフィシャル・エイジ』や『ヒット・アンド・ラン フェーズ・ワン』『同 フェーズ・ツー』な...

  いいね!   boid boid

樋口泰人の妄想映画日記 その13

日常の生活を流れる時間と映画を流れる時間が妄想を絡めて交錯する「妄想映画日記」、久しぶりの登場です。4月初旬、思わぬアクシデントで左足を負傷した樋口社長。砂漠を進むような足取...

  いいね!   boid boid

他の号の記事

宝ヶ池の沈まぬ亀 第1回 (青山真治)

今週から映画監督の青山真治さんによる新連載「宝ヶ池の沈まぬ亀」が始まります。今年から京都造形芸術大学の映画学科長に就任され、京都の"宝ヶ池からさらに山ひとつ越えた辺り”に仮寓...

  いいね!   boid boid from 2016年04月号 vol.3

映画川『地獄の黙示録』 (川口敦子)

今週の映画川は、川口敦子さんが現在公開中の『地獄の黙示録』(フランシス・コッポラ監督)について書いてくれました。1979年に初公開された同作を2016年の今、見る意味とは――...

  いいね!   boid boid from 2016年04月号 vol.3

YCAM繁盛記 第24回 (杉原永純)

山口情報芸術センター=YCAMのシネマ担当・杉原永純さんが日々の仕事や山口での生活について記録する「YCAM繁盛記」。この連載でも継続的に取り上げられてきたYCAM映画制作プ...

  いいね!   boid boid from 2016年04月号 vol.3

Animation Unrelated 第32回 (土居伸彰)

世界中のアニメーションの評論や上映活動を精力的に行なっている土居伸彰さんの連載「Animation Unrelated」第32回は、前回に引き続き3月にアメリカを訪れた際のお...

  いいね!   boid boid from 2016年04月号 vol.3

大音海の岸辺 第27回 前編 (湯浅学)

大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅学さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく「大音海の岸辺」。今回は4月21日に急逝したプリンスの追悼企画として、これまでに湯...

  いいね!   boid boid from 2016年04月号 vol.3

大音海の岸辺 第27回 後編 (湯浅学)

「大音海の岸辺」第27回はプリンスの追悼企画をおおくりしています。後編ではプリンス&ザ・ニュー・パワー・ジェネレーション名義で発表された『ダイアモンズ・アンド・パールズ』『ラ...

  いいね!   boid boid from 2016年04月号 vol.3

ヴィヴィアン佐藤×篠崎誠 『ラジウム・シティ』トークイベント 前編

1920年代にアメリカのオタワで時計の文字盤に放射性物質が含まれる夜光塗料を塗るペインターとして働き被爆した若い女性たちと、その後の街に生きる人々を描いたドキュメンタリー映画...

  いいね!   boid boid from 2016年04月号 vol.2

ヴィヴィアン佐藤×篠崎誠 『ラジウム・シティ』トークイベント 中編

『ラジウム・シティ』上映時に行われたヴィヴィアン佐藤さんと篠崎誠さんのトークの模様を3ページにわたって載録しています。中編では、ヴィヴィアンさんが青森県七戸町で行われた様々な...

  いいね!   boid boid from 2016年04月号 vol.2

ヴィヴィアン佐藤×篠崎誠 『ラジウム・シティ』トークイベント 後編

引き続き『ラジウム・シティ』の上映時に行われたヴィヴィアン佐藤さんと篠崎誠さんのトークイベントの後編をおおくりします。篠崎監督が東日本大震災の翌年に『あれから』を撮った経緯、...

  いいね!   boid boid from 2016年04月号 vol.2

《FLTMSTPC》 第25回 (松井宏)

FLTMSTPC=「Fais le toi-même si t'es pas content=満足できないなら自分でやっちゃえ」。松井宏さんが「カイエ・ デュ・シネマ」の記事...

  いいね!   boid boid from 2016年04月号 vol.2

未来世紀、ホボブラジル 第2回 (松林要樹)

映画監督の松林要樹さんが、世界最大の日系人居住地でもあるブラジルでの生活をレポートしてくれる「未来世紀、ホボブラジル」第2回。ブラジル北部、アマゾン川の河口南岸に位置する都市...

  いいね!   boid boid from 2016年04月号 vol.2

ねこ日記 第24回 (湯浅学)

湯浅学さんの家に集う猫たちの緩やかに流れる日々を、直筆の原稿でお届けします。病院に去勢手術の予約を入れた当日、外猫・ココミを捕獲しようとするも失敗した湯浅さん(第23回参照)...

  いいね!   boid boid from 2016年04月号 vol.2

Television Freak 第5回 (風元正)

編集者・風元正さんによるテレビ時評「Television Freak」第5回は平日に帯番組として放送されているワイドショーと報道番組を取り上げます。各局(除くテレビ東京)が生...

  いいね!   boid boid from 2016年04月号 vol.1

微笑みの裏側 第6回 (Soi48)

世界各国の音楽を発掘・収集するユニットSoi48が、微笑みの国=タイの表と裏を見せてくれる連載「微笑みの裏側」第6回です。今回もまたディープなエリア・フワイクワーン駅周辺につ...

  いいね!   boid boid from 2016年04月号 vol.1

映画川『Queen of Earth』 (大寺眞輔)

今週の映画川は、映画批評家の大寺眞輔さんが日本未公開のアメリカ映画『Queen ofEarth』(アレックス・ロス・ペリー監督)について書いてくれました。この作品はちょうど1...

  いいね!   boid boid from 2016年04月号 vol.1

ヒスロム日記 第12回

ヒスロムの先月の活動を写真、テキスト、動画で記録するヒスロム日記も第12回目となり1年が経ちました。今回は先月から続いた展示のクロージング・イベントの模様(展示風景の写真は動...

  いいね!   boid boid from 2016年04月号 vol.1

サバーバン・ブルーズを蹴散らしながら 第7回 (桜井鈴茂)

小説家・桜井鈴茂さんのエッセイ連載「サバーバン・ブルーズを蹴散らしながら」第7回をおおくりします。新宿区四谷に仕事場を構えて早数か月、はたして桜井さんは郊外生活者から都市生活...

  いいね!   boid boid from 2016年04月号 vol.1

No More Cinema ? Vol.19 (五所純子)

文筆家の五所純子さんの連載エッセイ「No More Cinema ?」Vol.19は、この春に起こった出来事が、春キャベツの料理を紹介する本に記されます。若い人の"直接話法的...

  いいね!   boid boid from 2016年04月号 vol.1

バックナンバー(もっと見る)

2018年12月号

【重要なお知らせ】 boidマガジンは下記URLの新サイトに移転しました。...

2018年11月号

【11月号更新記事】 ・《11/25更新》三宅唱さんのによる「無言日記」第...

2018年10月号

【10月号更新記事】 ・《10/30更新》冨田翔子さん「映画は心意気だと思...