今週の映画川は、現在公開中の『ナイトクローラー』(ダン・ギルロイ監督)が登場。事件や事故の現場を撮影する報道スクープ専門のパパラッチ、通称"ナイトクローラー”となった主人公(ジェイク・ギレンホール)が、テレビ局が求める視聴率のとれる過激な映像を撮影するためにいかに行動していくかを描いた作品です。ここではライターの降矢聡さんが、劇中ではっきり語られることのない、そもそも主人公が何故"ナイトクローラー”という仕事を選んだのか、彼にとってその仕事がどのような意味を持つのかということについて、いくつかのシーンから読み解いてくれます。




この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。