世界中のアニメーションの評論や上映活動を精力的に行なっている土居伸彰さんの連載「Animation Unrelated」。今回は先月開催されたアニメーション・フェスティバル「GEORAMA2016」の総括を土居さんに書いていただく予定だったんですが……同フェスで燃え尽きてしまいどうしても筆が進まないという土居さんに代わって、急遽ピンチヒッターの沼田友さんに登場していただきます。アニメーション作家の沼田さんは、今回のGEORAMA2016で上映作品の素材の準備や映写などを行う技術スタッフの中心的存在として活躍されました。スタッフとして土台を支えながら、GEORAMA2016の全イベントの目撃者となった沼田さんによる充実のレポートをご覧ください。

「GEORAMA2016」のメインキャラクター、じおだま君……の生首(デザインはデイヴィッド・オライリー)



文=沼田友


 boidマガジン購読者のみなさま、はじめまして! 沼田友(ぬまたゆう)と申します。今週は土居さんが大燃え尽き症候群につき一文字も筆が進まないとのことで、急遽ピンチヒッターとして、2月2日から23日まで都内各地で行われていたアニメーション・フェスティバル「GEORAMA2016」のレポートをこちらでお届け出来ればと思います。緊張しています。僕は、GEORAMA2016では主に上映周り、具体的には、世界各地から集まってきた700GBにのぼる作品素材の管理と書き出し、そして上映素材と機材類をまとめて背負い、全てのイベントに帯同するといった感じの役回りをしていました。ちなみに普段はスーパーでレジを打ちつつ、3DCGでアニメーションを作ったり、最近ですと『旅街レイトショー』というテレビアニメーションを監督したりしましたが、その放送真っ最中には既にGEORAMAに付きっ切りで、ある時なんて打ち合わせ中の居酒屋で本放送が始まり、しかも(かなり出来上がった)別のお客さんに途中で『天空の城ラピュタ』にチャンネルを替えられてしまうなどの辛酸をなめたりしましたので、つくづく狂った時期にこちらのお手伝いに入ってしまったなと思った次第です。思っていたほど緊張していないかもしれません。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。