映画批評家の大寺眞輔さんが今月も選りすぐりの日本未公開作品を紹介してくれます。
今回登場するのは『Listen Up Philip』(アレックス・ロス・ペリー監督)。ジェイソン・シュワルツマン演じる毒舌な小説家の自意識のあり方が彼のガールフレンドや尊敬する老作家との関係性を通して描かれるという作品で、とても面白そう! アレックス・ロス・ペリー監督の作品は未だに日本で公開されたことがありませんが、次回作『Queen of Earth』(エリザベス・モス主演のスリラー作品)も公開待機中、次々作はなんとディズニー製作で「クマのプーさん」の登場人物クリストファー・ロビンが大人になってからの物語を描く作品を準備中と報じられています。『Listen Up Philip』も早く観ておきたいところです。





この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。