新作『バンコクナイツ』の特殊先遣任務&本作戦のためタイに潜入した空族による極秘レポート「潜行一千里」第三十九回は、前回に引き続きラオスでの撮影をお届けします。『Rap in TONDO』にも出演したフィリピンからのTONDO TRIBEのクルーとstillichimiya、そして地元の楽器ケーンの名手によるシーンが撮影された模様です。この後タイに戻りパタヤビーチへ、そしてバンコクにて最後の撮影を終えた空族。クラウドファンディングも驚きの目標額1,000万円を達成し、益々完成版が楽しみです。




文=空族
写真=山口貴裕


前回、報告したラオスシーンでの出演者を少しだけ紹介していこう。
まずは今回の撮影のためにフィリピンはマニラから駆け付けてくれたOG Sacredことシルバート。



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。