今週の映画川は、4月に公開される『イマジン』(アンジェイ・ヤキモフスキ監督)について、文筆家の五所純子さんが書いてくれました。以前boidマガジンでも取り上げた『イーダ』のパベウ・パブリコフスキ監督や『幸せのありか』のマチェイ・ピェブシツア監督と同じくポーランド出身のアンジェイ・ヤキモフスキ監督が、ポルトガルのリスボンを舞台に盲学校の教師とその教え子の恋を描いた作品です。緻密な音響設計により鳴り、響くさまざまな音とともにこの映画が表現しているものとは――

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。