今週の映画川は、文筆家の五所純子さんが『恐怖分子』(エドワード・ヤン監督)について書いてくれました。ヤン監督の長編第3作として1986年に発表されたこの作品は、3月14日(土)から日本では19年ぶりにデジタルリマスター版で劇場公開されます。次作『牯嶺街少年殺人事件』とともに世界中の映画ファンに驚きと熱狂をもって迎え入れたこの映画を今一度観ることで改めて実感することや新たに見えてくるものがたくさんあるのではないでしょうか。



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。