映画監督の松林要樹さんが、世界最大の日系人居住地でもあるブラジルでの生活をレポートしてくれる「未来世紀、ホボブラジル」第3回です。今回はアマゾン川流域に自生するある植物を煮出してつくられるお茶についての話。吐き気と幻覚作用を伴うというそのお茶を3年前にブラジルに滞在していた際に初めて飲んだという松林さん。その時の不思議な体験、そして先日再びそのお茶を飲んだ時に起こったことを教えてくれます。




この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。