土居伸彰さんの連載「Animation Unrelated」第20回をお送りしています。後編も引き続き、東京藝術大学大学院・映像研究科のアニメーション専攻の修了制作展「GEIDAI ANIMATION 06 DAWN」で発表された注目の作品をご紹介しながら、若きアニメーション作家たちが積極的に「間違っていく」こと、その先に見えるものは何かについて考えていきます。

シシヤマザキ『月夜&オパール』




この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。