今週の映画川は先月の樋口泰人の「妄想映画日記」に続き、9月12日公開の『黒衣の刺客』(侯孝賢監督)を取り上げます。唐時代の中国を舞台に、かつて許嫁だった君主の暗殺を任じられた主人公(スー・チー)の数奇な運命を描いた本作における、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督の新たな探究について、boidマガジン初登場の三浦哲哉さんが、侯監督の過去の作品を踏まえながら書いてくれました。



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。