boidマガジン

2016年11月号 vol.1

《FLTMSTPC》 第28回  (松井宏)

2016年11月05日 20:34 by boid
FLTMSTPC=「Fais le toi-même si t'es pas content=満足できないなら自分でやっちゃえ」。製作、批評、翻訳と様々な方法で映画と関わっている松井宏さんが「カイエ・ デュ・シネマ」の記事などを起点に、映画を作る/見せる/観ることについて探る連載。今回取り上げるのは「カイエ」721号の特集「エキセントリック万歳!」について。現在のフランスにおいて重要な作品とは「エキセントリックなもの」であるというテーマをもとに編まれたこの特集の狙いは何なのか、そしてここで言われるエキセントリックなものとは何を指すのか、まずは編集長のステファン・ドゥロルムのエディトリアルから読み解いていきます。







エキセントリックたれ


文=松井宏


 先日やっとクリント・イーストウッド『ハドソン川の奇跡』(16)を見た。IMAXで見たほうがいいよと、ひとから言われていたのだが、残念ながら「普通の」スクリーンで見た。が、ものすごく感動をしてしまった。どこかホン・サンス映画のような、進んでいるようで進んでいない時間、進んでないようで進んでいる時間が、そしてそこから来る奇妙な小ささと親密感が『ハドソン川の奇跡』にはあったのだけど、何かが背筋を走るような感動を生じさせられたのは、物語終盤、トム・ハンクス演じる機長のサリーと副機長が公聴会に呼ばれ、事故時のボイスレコーダーの再生が終わったあと。「ちょっと休憩させてほしい」とサリーが言い、副機長と一緒に廊下に出る。サリーは副機長に向かって、どう思うかを尋ねつつ、ところが、じゃあ俺が思ったことを言うぞ、ということで、こんなことを口にするのである。「I am so proud of ourselves. We did our job」。
 人間の「誇り」というものについて、ぼくは久しく何も考えずに生きてきたと、そのとき、はたと気づいた。いや、はたして生まれてこのかた、考えたことがあったのだろうか。誇り? しかし誇りとはいったいなんぞや。ナショナリズムの手垢にまみれがちなこの言葉だけれど(日本人の誇り、とかは本当にどうでもいいわけです)、自分たちの成し遂げた何ごとかを誇りに思えるまでにイーストウッドが映画内で費やさざるをえなかった時間というものは、いったいなんだったのかなあと、ふと思ってしまう。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

2017年07月号 vol.3

7月号第3週はSoi48、川口敦子さん、五所純子さん、樋口泰人の記事でお楽...

2017年07月号 vol.2

7月号第2週は青山真治さん、三宅唱さん、湯浅学さん、樋口泰人の連載最新回を...

2017年07月号 vol.1

7月号第1週は桜井鈴茂さん、風元正さん、大寺眞輔さん、杉原永純さん、樋口泰...