boidマガジン

2017年02月号 vol.4

微笑みの裏側 第13回 (Soi48)

2017年02月24日 15:26 by boid
世界各国の音楽を発掘・収集するユニットSoi48が、微笑みの国=タイの表と裏を紹介する連載「微笑みの裏側」。4/8には書籍『TRIP TO ISAN : 旅するタイ・イサーン音楽ディスク・ガイド』も発売です!タイで最初のモーラムのレコードは1940年録音のモーラム・クーン(ヒー)のレコード。その活動とタイの仏教倫理5か条シーン・ハーを歌った収録曲の歌詞を紹介してくれています。




文=Soi48


ついにSoi48が本を出版します!タイトルは『TRIP TO ISAN : 旅するタイ・イサーン音楽ディスク・ガイド』。今までDJ、トークショー、映画祭、タイ音楽の公式再発など様々な活動をしてきましたが、タイ音楽をみんなに聞いて欲しい、もっと知って楽しんで欲しいという僕らの思いが形になりました。インターネットやSNSを駆使すればわざわざ現地に行かなくてもレコードやカセットが手に入る時代になぜ僕らは旅にこだわったのか?そして旅先で出会ったモーラム歌手、ルークトゥン歌手、レコード・コレクター、街の人々との交流について書いています。旅の写真から貴重な70-80年代の写真も数多く掲載しているので音楽マニアだけでなく、タイ、イサーンの文化に興味を持った人も楽しめる内容になっています。ただでさえ楽しいのに知識を得るとより中毒になるタイ音楽。発売日は4月8日。皆様是非チェックしてみてください。今回boidマガジンで紹介するのはタイで一番最初に録音されたモーラムのレコードの話。いったいその中身とは?!

*********************************************************************


伝説のモーラム!タイで最初に作られたモーラムのレコード


モーラム・クーン(ヒー)



タイで最初に作られたモーラムのレコードが欲しい。タイ音楽に限らずレコード・コレクターの浪漫である。Soi48は所謂レコード・マニアでは無いけれどモーラムとなれば話が別だ。カタログを揃えたい、全て聞いてみたいといった欲望が沸々と湧いてくる。

アンカナーン・クンチャイとポー・サラートノーイと食事している時、興味本意で「タイで最初に作られたモーラムのレコードってなんですか?」と尋ねてみた。すると意外にもすぐに答えが返ってきた。2人は笑いをこらえながら最初のレコードを作ったモーラム歌手「モーラム・クーン(ヒー)」について教えてくれた。
彼らが笑ったのは名前が理由だった。ヒーとはタイ語で女性器の意味であまりにも面白いモーラムだからそういうあだ名がつけられたらしい。
モーラム・クーン(ヒー)ことクーン・ターウォンポンは1902年ウボン・ラーチャーターニー生まれ。ケーン・ダーラオが1930生まれだからそれよりかなり上の世代のモーラムということになる。
彼の特徴は巧みなしゃべりにあったらしい。ラムクローンプゥーア(下ネタ)からユーモアのある話で民衆を笑わせイサーンで知らないものがいないほどの有名モーラムになった。当時は牛車や徒歩でイサーンの村々を転々と回って巡業していた。もちろんマイクやスピーカーがなく、地声のみで歌い、遠くまで響き渡った声を聞いて村人がモーラムの周りに集まるというのが当時のスタイルだった。この雰囲気は映画『東北タイの子』のモーラムが村にやって来るシーンでよく描かれている。

東北タイの子

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

2017年07月号 vol.3

7月号第3週はSoi48、川口敦子さん、五所純子さん、樋口泰人の記事でお楽...

2017年07月号 vol.2

7月号第2週は青山真治さん、三宅唱さん、湯浅学さん、樋口泰人の連載最新回を...

2017年07月号 vol.1

7月号第1週は桜井鈴茂さん、風元正さん、大寺眞輔さん、杉原永純さん、樋口泰...