最新作『ジェラシー』が今秋日本で公開される映画監督フィリップ・ガレルのロングインタヴュー第2弾をお届けします(全3回)。先週のPart1に引き続き、『ジェラシー』の制作秘話や、同作の音楽を担当したジャン=ルイ・オベールの話、はたまた印象深い夢から着想シーンのことなどなどを、彼のこれまでの作品と照らし合わせて語ってくれています。 まずは前回の『ジェラシー』がガレルの作品の中で最も現実的なものだという話から、彼が過去に撮った一本のドキュメンタリーが話題に……

※Part1の記事はこちら

 

『ジェラシー』

 

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。