boidマガジン

2017年06月号 vol.4

樋口泰人の妄想映画日記 その41

2017年11月10日 16:35 by boid

boid社長・樋口泰人による6月1日~10日の業務日誌ときどき映画&音楽&妄想日記です。『PARKS パークス』上映イベントで新潟シネ・ウィンドへ音楽提供・出演もしている井手健介さんとAlfred Beach Sandalさんとともに。




文・写真=樋口泰人


新宿や梅田での『PARKS パークス』の上映が終わる。約2年半前から続いた『PARKS パークス』のドタバタも、いよいよひと段落である。もちろんこれが終わりではない。終わらないストーリーの始まりということになるだろうか。日本全国でいろんな公園が生まれるといい。この映画がその種になってくれたら。そんなことを思いながら新潟の上映に立ち会った。そこには思わぬ光景が広がっていた。今回の新潟はすでに宣伝経費予算大幅オーバーのためわたしは自費参加だったがその甲斐はあったというべきか。いいものを見た。財布は悲鳴を上げているが、悲鳴を上げてからようやく初めて新しい人生が始まるのだと、こういったことが教えてくれる。



6月1日(木)
シャーリー・バッシー『Something』。プロデュースがジョニー・ハリスということだけを確かめて、他は何も考えず買ったのだが、ちょっと前に買った同じアルバムのイギリス盤で、アメリカ版とはジャケ違いというものだった。聴き比べると、イギリス盤の方が中音域が細い。「ハートに火をつけて」の奇妙な迫力がない。しかしこの裏ジャケはまったく意味不明である。文字が読みにくいだけのブツブツ。海賊盤のような怪しさを狙ったのだろうか。何かが狂っている。そういえば、ジョニー・ハリスのアルバムのジャケットも変だった。アレンジもギリギリのところで一線を超えている。こういう人たちのおかげで、こちらは正気を保てるのだと言ったらいいか。



 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

特別寄稿 沖縄タコス(虹釜太郎)

2017年06月号 vol.4

レジデンツに寄せて、あれからもう32年 (明石政紀)

2017年06月号 vol.4

映画川特別編 「清原惟レトロスペクティブ」 (三浦哲哉)

2017年06月号 vol.4

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年09月号 vol.3

9月号第3週は明石政紀さん、Soi48、降矢聡さん、樋口泰人の記事をお届け...

2017年09月号 vol.2

9月号第2週はマルコ・ヴィッツィヒさん、青山真治さん、風元正さん、大寺眞輔...