boidマガジン

2017年06月号 vol.4

ヒスロム日記 第17回

2017年06月30日 23:13 by boid
ヒスロムの活動を写真、テキスト、動画で記録するヒスロム日記。4月の大阪、青森、岐阜での活動記録を2つの動画とテキストでおおくりします。友人たちも訪れる活動拠点に通い続けることで立ち上がる時間、その地下空間には過去から現在への時間の記録も。それはまた様々な生命の記録でもあるようです。





文・記録=ヒスロム


4月2日(日) 晴れ

六年前の冬か春、とにかく寒い日。むちゃ面白い場所見つけたから遊びに行こうよ、と友人のこうたくんを現場に誘った。このころはまだむき出しの土や岩がごろごろしていて圧倒的に謎だらけの現場を一緒に散歩した。歩いていると地面から飛び出たびよびよのデカいパイプがいたるところにぽこぽこ出ていて。このパイプは一体なんなのか、どれくらい深くまで続いているのか。謎すぎて、そのへんに転がっている石を投げてみると変な動きと音で答えてくれた。投げ入れた石はパイプに食べられてたくさん楽しい音をだすけど、さっきの石は一体どこにいくんだろ。このパイプの下どうなってんのだろうか?入ってみる?現場の一番てっぺんにやばいパイプがあるからってこうたくんを案内した。どこまでも続いていきそうな地平線に空と街の明かりが浮いている。それをバックに地面から飛び出た二本のパイプに石を入れる。ぴよぴよぴよぴよ、ぽよよーんって優しくもおかしな音が響いた。

こうたくんには息子が二人できて、次男のあらたくんは今年二才になった。どこで覚えたか、こてこての関西弁をゆうちょうに話す男の子。植物に興味があるみたいでキレイな草や枝なんかを集めてはみんなにあげている。あれからびよびよのデカいパイプたちは少しずつ姿を消していったけど、一番お気に入りのてっぺんにある二本のパイプは未だ地面から飛び出ていた。不思議なことに石を入れすぎて何度も詰まっては音が出なくなっても時間が経つといつの間にか復活している。このパイプすごいからこの石落としてみて!っておしえるとパイプからの音があらたくんの体中を通って、くしゃくしゃの笑顔と言葉にならない声で返してくれた。不思議なことにそれは昔こうたくんが見せてくれた反応とそっくりで頭がぐらついた。時間が歪む。それは波みたいなものなのだろうか。人間が受け継ぐ遺伝もそうなのだろうか。砂を落とせば、葉っぱを落とせば、また違う反応があらたくんの表情と声と動きで返ってくる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

特別寄稿 沖縄タコス(虹釜太郎)

2017年06月号 vol.4

レジデンツに寄せて、あれからもう32年 (明石政紀)

2017年06月号 vol.4

映画川特別編 「清原惟レトロスペクティブ」 (三浦哲哉)

2017年06月号 vol.4

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年09月号 vol.3

9月号第3週は明石政紀さん、Soi48、降矢聡さん、樋口泰人の記事をお届け...

2017年09月号 vol.2

9月号第2週はマルコ・ヴィッツィヒさん、青山真治さん、風元正さん、大寺眞輔...

2017年09月号 vol.1

9月号第1週は三宅唱さん、杉原永純さん、渥美喜子さん、五所純子さん、樋口泰...