湯浅学さんの連載「大音海の岸辺」第18回の後編です。前編に引き続きローリング・ストーンズのアルバム&映像作品のレビュー、そして湯浅さんが新たに書き下ろした解説をお送りします。まずは、ジャケットの使用写真をめぐって裁判沙汰になるなど発表当時何かと物議を醸した『女たち』のレビューから――

ザ・ローリング・ストーンズ『女たち』





この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。