boidマガジン

2017年03月号 vol.3

「湯浅学」に関連する記事

大音海の岸辺 第36回 前編 (湯浅学)

大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅学さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく「大音海の岸辺」。前回に引き続き、2000年に「東京新聞」「中日新聞」に掲載された...

  Like   boid  boid from 2017年03月号 vol.2

大音海の岸辺 第36回 後編 (湯浅学)

「大音海の岸辺」第36回後編は、YMOと同時代に大ヒットした「奥飛騨慕情」をはじめ、山岡浩二「長良川恋歌」、高田耕とはじらいエコーズ「大平エレジー」、高倉一志「ホイホイ木曽節...

  Like   boid  boid from 2017年03月号 vol.2

大音海の岸辺 第35回 前編 (湯浅学)

大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅学さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく「大音海の岸辺」。今月と来月は、2000年に「東京新聞」「中日新聞」で連載されてい...

  Like   boid  boid from 2017年02月号 vol.2

大音海の岸辺 第35回 後編 (湯浅学)

「大音海の岸辺」第35回後編は、狩人「アメリカ橋」、上田ゆき「川越の夜」、平山三紀「ビューティフル・ヨコハマ」、鹿村ひろし「しのび逢い府中」について書かれた「ニッポン うたう...

  Like   boid  boid from 2017年02月号 vol.2

大音海の岸辺 第34回 前編 (湯浅学)

大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅学さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく「大音海の岸辺」。今回は間が空いてしまいましたが連載第26回(2016年3月号)に...

  Like   boid  boid from 2017年01月号 vol.3

大音海の岸辺 第34回 後編 (湯浅学)

湯浅学さんの「大音海の岸辺」第34回後編は河内家菊水丸さん、ギターウルフ、木村松太郎さん、ゲイシャ・ガールズ、古関裕而さんの作品と、笠置シヅ子さん、小坂一也さんを始めとする4...

  Like   boid  boid from 2017年01月号 vol.3

大音海の岸辺 第33回 前編 (湯浅学)

大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅学さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく「大音海の岸辺」第33回は、この半年で相次いで亡くなった3人の音楽家にまつわる原稿...

  Like   boid  boid from 2016年12月号 vol.2

大音海の岸辺 第33回 後編 (湯浅学)

「大音海の岸辺」第33回後編は11月13日に74歳で亡くなったレオン・ラッセルの関連原稿3本を再録。そして湯浅さんに今回新たに書き下ろしてもらった解説では、音楽をとおして死を...

  Like   boid  boid from 2016年12月号 vol.2

大音海の岸辺 第32回 前編 (湯浅学)

大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅学さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく「大音海の岸辺」。今回は9月号掲載の第30回に引き続き、2003~2005年に音楽...

  Like   boid  boid from 2016年11月号 vol.2

大音海の岸辺 第32回 中編 (湯浅学)

「大音海の岸辺」第32回は2004年に書かれた『remix』誌での連載「闇の中の黒い人」の原稿を再録しています。このページではダニー・ハサウェイ、コーネル・デュプリー、ドン・...

  Like   boid  boid from 2016年11月号 vol.2

大音海の岸辺 第32回 後編 (湯浅学)

「大音海の岸辺」第32回後編も引き続き「闇の中の黒い人」から、グラント・グリーン、リコ・ロドリゲス、アレマイユ・エシュテを取り上げた連載第22回~第24回の原稿を再録。今回湯...

  Like   boid  boid from 2016年11月号 vol.2

大音海の岸辺 第31回 前編 (湯浅学)

大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅学さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく「大音海の岸辺」。今回は急遽予定を変更、ノーベル文学賞授賞を記念してボブ・ディラン...

  Like   boid  boid from 2016年10月号 vol.2

大音海の岸辺 第31回 後編 (湯浅学)

「大音海の岸辺」第31回後編はボブ・ディランの『ブロンド・オン・ブロンド』『グッド・アズ・アイ・ビーン・トゥ・ユー』、グレイトフル・デッドとの共演盤『ディラン&ザ・デッド』の...

  Like   boid  boid from 2016年10月号 vol.2

大音海の岸辺 第30回 前編 (湯浅学)

大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅学さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく「大音海の岸辺」。今回から2003~2005年に音楽雑誌『remix』で連載してい...

  Like   boid  boid from 2016年09月号 vol.2

大音海の岸辺 第30回 中編 (湯浅学)

「大音海の岸辺」第30回は2003~2005年の『remix』誌での連載「闇の中の黒い人」を掲載しています。このページでは連載第6回~第9回の原稿を再録。登場するのはテレンス...

  Like   boid  boid from 2016年09月号 vol.2

大音海の岸辺 第30回 後編 (湯浅学)

「大音海の岸辺」第30回後編も引き続き『remix』連載の「闇の中の黒い人」第10回~第12回をおおくりします。ネヴィル・ブラザーズ、ザ・コースターズ、スクリーミン・ジェイ・...

  Like   boid  boid from 2016年09月号 vol.2

大音海の岸辺 第29回 前編 (湯浅学)

大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅学さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく「大音海の岸辺」第29回は、前2回に引き続きまだまだやります、プリンス特集。オラン...

  Like   boid  boid from 2016年08月号 vol.2

大音海の岸辺 第29回 後編 (湯浅学)

※このページは前編の記事の続きです

  Like   boid  boid from 2016年08月号 vol.2

大音海の岸辺 第28回 前編 (湯浅学)

大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅学さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく「大音海の岸辺」は、前回に引き続きプリンス追悼特集。今回もこれまでに湯浅さんが彼の...

  Like   boid  boid from 2016年04月号 vol.4

大音海の岸辺 第28回 後編 (湯浅学)

「大音海の岸辺」第28回はプリンス追悼企画第2弾をおおくりしています。後編は『アート・オフィシャル・エイジ』や『ヒット・アンド・ラン フェーズ・ワン』『同 フェーズ・ツー』な...

  Like   boid  boid from 2016年04月号 vol.4

大音海の岸辺 第27回 前編 (湯浅学)

大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅学さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく「大音海の岸辺」。今回は4月21日に急逝したプリンスの追悼企画として、これまでに湯...

  Like   boid  boid from 2016年04月号 vol.3

大音海の岸辺 第27回 後編 (湯浅学)

「大音海の岸辺」第27回はプリンスの追悼企画をおおくりしています。後編ではプリンス&ザ・ニュー・パワー・ジェネレーション名義で発表された『ダイアモンズ・アンド・パールズ』『ラ...

  Like   boid  boid from 2016年04月号 vol.3

ねこ日記 第24回 (湯浅学)

湯浅学さんの家に集う猫たちの緩やかに流れる日々を、直筆の原稿でお届けします。病院に去勢手術の予約を入れた当日、外猫・ココミを捕獲しようとするも失敗した湯浅さん(第23回参照)...

  Like   boid  boid from 2016年04月号 vol.2

大音海の岸辺 第26回 前編 (湯浅学)

大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅学さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく「大音海の岸辺」第26回。今回からはこれまであまり取り上げてこなかった日本のアーテ...

  Like   boid  boid from 2016年03月号 vol.3

大音海の岸辺 第26回 後編 (湯浅学)

「大音海の岸辺」第26回、後編はRCサクセション、忌野清志郎、江戸アケミ追悼コンサート、遠藤賢司、岡村靖幸についての原稿をお送りします。書き下ろしの解説は、これまで邦楽に関す...

  Like   boid  boid from 2016年03月号 vol.3

大音海の岸辺 第25回 前編 (湯浅学)

大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅学さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく「大音海の岸辺」第25回は、90年代前半に『ミュージック・マガジン』で担当していた...

  Like   boid  boid from 2016年02月号 vol.4

大音海の岸辺 第25回 中編 (湯浅学)

『ミュージック・マガジン』掲載のヒップホップ・アルバム・レヴューを再録しています「大音海の岸辺」第25回。中編はスヌープ・(ドギー・)ドッグやNASのデビュー・アルバム、ギャ...

  Like   boid  boid from 2016年02月号 vol.4

大音海の岸辺 第25回 後編 (湯浅学)

某某人や猪頭皮、ソテジ・ワ・アイドルらアジアのヒップホップ・グループの好盤が紹介された『ミュージック・マガジン』94年9月号~12月号掲載のラップレヴューを、湯浅さんが今回新...

  Like   boid  boid from 2016年02月号 vol.4

ねこ日記 第23回 (湯浅学)

湯浅学さんの家に集う猫たちの緩やかに流れる日々を、直筆の原稿でお届けする「ねこ日記」第23回です。外猫・ココミに去勢手術を受けさせるため、ケージに入れて病院に連れて行かねばな...

  Like   boid  boid from 2016年02月号 vol.2

大音海の岸辺 第24回 Part1 (湯浅学)

湯浅学さんの大著作集『大音海』の出版を目指し、そのイントロダクションとして湯浅さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載しております「大音海の岸辺」。今回は前回に続き、9...

  Like   boid  boid from 2016年01月号 vol.4

大音海の岸辺 第24回 Part2 (湯浅学)

湯浅学さんの連載「大音海の岸辺」第24回は『ミュージック・マガジン』の「ラップ・ハウス」レヴュー欄に掲載された原稿をおおくりしています。2ページ目はヒップホップリシーやパブリ...

  Like   boid  boid from 2016年01月号 vol.4

大音海の岸辺 第24回 Part3 (湯浅学)

「大音海の岸辺」第24回3ページ目は、93年3月号~6月号の『ミュージック・マガジン』に掲載された「ラップ/ハウス」レヴューを。10点満点のビブラストーン『スマイル!!』、ス...

  Like   boid  boid from 2016年01月号 vol.4

大音海の岸辺 第24回 Part4 (湯浅学)

「大音海の岸辺」第24回の最後は、『ミュージック・マガジン』93年7月号~9月号掲載の「ラップ/ハウス」レヴューを、湯浅さんが今回新たに書き下ろした解説とともにご覧ください。...

  Like   boid  boid from 2016年01月号 vol.4

大音海の岸辺 第23回 前編 (湯浅学)

湯浅学さんの大著作集『大音海』の出版を目指し、そのイントロダクションとして湯浅さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載しております「大音海の岸辺」。前回は90年代前半に...

  Like   boid  boid from 2015年12月号 vol.4

大音海の岸辺 第23回 中編 (湯浅学)

湯浅学さんの連載「大音海の岸辺」第23回は『ミュージック・マガジン』1991年10月号~1992年7月号の「ラップ・ハウス」レヴュー欄に掲載された原稿をおおくりしています。本...

  Like   boid  boid from 2015年12月号 vol.4

大音海の岸辺 第23回 後編 (湯浅学)

「大音海の岸辺」第23回の後編も引き続き『ミュージック・マガジン』掲載の「ラップ/ハウス」レヴューを。パブリック・エナミーやビースティ・ボーイズなどの有名どころから、当時日本...

  Like   boid  boid from 2015年12月号 vol.4

ねこ日記 第22回 (湯浅学)

湯浅学さんの家に集う猫たちの緩やかに流れる日々を、直筆の原稿でお届けする「ねこ日記」第22回です。外猫・ココミに去勢手術を受けさせるため、ようやく病院の予約を入れる湯浅さん。...

  Like   boid  boid from 2015年12月号 vol.2

大音海の岸辺 第22回 前編 (湯浅学)

湯浅学さんの大著作集『大音海』の出版を目指し、そのイントロダクションとして湯浅さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載しております「大音海の岸辺」。第22回は90~95...

  Like   boid  boid from 2015年11月号 vol.3

大音海の岸辺 第22回 後編 (湯浅学)

湯浅学さんの連載「大音海の岸辺」第22回の後編は引き続き90年代初期のヒップホップに関する原稿2本、1990年前後に起こったニュー・スクール・ムーブメントの先を占った原稿「ニ...

  Like   boid  boid from 2015年11月号 vol.3

ねこ日記 第21回 (湯浅学)

湯浅学さんの家に集う猫たちの緩やかに流れる日々を、湯浅さんが直筆の原稿で綴る「ねこ日記」です。奥さんから毎日のように、外猫のココミに去勢手術を受けさせるため病院に電話するよう...

  Like   boid  boid from 2015年11月号 vol.1

大音海の岸辺 第21回 前編 (湯浅学)

本連載は、湯浅学さんの大著作集『大音海』の出版を目指し、そのイントロダクションとして湯浅さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載しています。第21回目はジョン・レノン&...

  Like   boid  boid from 2015年10月号 vol.3

大音海の岸辺 第21回 後編 (湯浅学)

湯浅学さんの連載「大音海の岸辺」第21回の後編は、引き続きジョン・レノン&オノ・ヨーコの原稿を掲載。1972年に発表された『サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ』のレコード...

  Like   boid  boid from 2015年10月号 vol.3

ねこ日記 第20回 (湯浅学)

湯浅学さんの家に集う猫たちの日常について直筆で書かれた日記をお送りしています。湯浅さんの家を訪れる外猫はココミぐらいになってしまいましたが、家猫の弦となな、はちは相変わらずの...

  Like   boid  boid from 2015年10月号 vol.1

大音海の岸辺 第20回 前編 (湯浅学)

湯浅学さんの大著作集『大音海』の出版を目指し、そのイントロダクションとして湯浅さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載しております本連載。今回も先月号に続きニール・ヤン...

  Like   boid  boid from 2015年09月号 vol.3

大音海の岸辺 第20回 後編 (湯浅学)

湯浅学さんの連載「大音海の岸辺」第20回の後編は、引き続きニール・ヤングのアルバムについての原稿を再録します。86年の『ランディング・オン・ウォーター』、95年の『ミラー・ボ...

  Like   boid  boid from 2015年09月号 vol.3

ねこ日記 第19回 (湯浅学)

湯浅学さん家に集う猫たちの日常を湯浅さん直筆の原稿でお送りしております「ねこ日記」。近所のほとんどの猫たちの父親と考えられる"マルオ”が頻繁に姿を見せるようになり、まだ去勢し...

  Like   boid  boid from 2015年09月号 vol.1

大音海の岸辺 第19回 前編 (湯浅学)

湯浅学さんの大著作集『大音海』の出版を目指し、そのイントロダクションとして湯浅さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載しております。今月はインタヴュー掲載にあわせて本連...

  Like   boid  boid from 2015年08月号 vol.3

大音海の岸辺 第19回 後編 (湯浅学)

湯浅学さんの連載「大音海の岸辺」第19回の後編は、引き続き97年時点の「ニール・ヤング 完全ディスコグラフィー」と書き下ろし解説をどうぞ。※現在発売中の『CDジャーナル』9月...

  Like   boid  boid from 2015年08月号 vol.3

ねこ日記 第18回 (湯浅学)

湯浅学さんの家に集う猫たちの緩やかに流れる日々を、湯浅さんが直筆の原稿で綴る「ねこ日記」。近所のボス猫的存在であるマルオが牝猫を求めてあたりをうろつくなか、まだ去勢していない...

  Like   boid  boid from 2015年08月号 vol.2

大音海の岸辺 第18回 前編 (湯浅学)

大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅学さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく「大音海の岸辺」第18回は、前回に引き続きローリング・ストーンズ祭りです! 今回は...

  Like   boid  boid from 2015年07月号 vol.4

大音海の岸辺 第18回 後編 (湯浅学)

湯浅学さんの連載「大音海の岸辺」第18回の後編です。前編に引き続きローリング・ストーンズのアルバム&映像作品のレビュー、そして湯浅さんが新たに書き下ろした解説をお送りします。...

  Like   boid  boid from 2015年07月号 vol.4

ねこ日記 第17回 (湯浅学)

湯浅学さんの家に集う猫たちの緩やかに流れる日々を、湯浅さんが直筆の原稿で綴る「ねこ日記」です。どうやら近所のボス猫的存在であるマルオが牝猫を求めてあたりをうろついている様子(...

  Like   boid  boid from 2015年07月号 vol.1

大音海の岸辺 第17回 前編 (湯浅学)

湯浅学さんの大著作集『大音海』の出版を目指し、そのイントロダクションとして湯浅さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく本連載。今回は結成50余年、平均年齢70歳...

  Like   boid  boid from 2015年06月号 vol.3

大音海の岸辺 第17回 後編 (湯浅学)

湯浅学さんの連載「大音海の岸辺」第17回の後編です。前編の『アフターマス』『ビトゥイーン・ザ・バトンズ』に引き続き、後編では『メタモーフォシス』『レット・イット・ブリード』『...

  Like   boid  boid from 2015年06月号 vol.3

ねこ日記 第16回 (湯浅学)

湯浅学さんの家に集う猫たちの緩やかに流れる日々を、湯浅さんが直筆の原稿で綴る「ねこ日記」第16回です。1か月の間行方不明だったココミが戻ってきて頻繁にエサを食べに来るようにな...

  Like   boid  boid from 2015年06月号 vol.2

大音海の岸辺 第16回 前編 (湯浅学)

boidが出版を企む大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅学さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載しているこの連載。第14回と第15回では、ブラック・ムーヴィーの歴史を...

  Like   boid  boid from 2015年05月号 vol.3

大音海の岸辺 第16回 後編 (湯浅学)

引き続き、湯浅学さんの連載「大音海の岸辺」第16回をお送りします。後編では、『スウィート・スウィートバック』を黒人ラップ・グループの元祖ともいわれるラスト・ポエッツに照らし合...

  Like   boid  boid from 2015年05月号 vol.3

ねこ日記 第15回 (湯浅学)

湯浅学さんの家に集う猫たちの緩やかに流れる日々を、湯浅さんが直筆の原稿で綴る「ねこ日記」。前回、ひと月近く姿を見せなかった外猫のココミの無事が確認されほっと一息。まだ体は弱っ...

  Like   boid  boid from 2015年05月号 vol.1

大音海の岸辺 第15回 前編 (湯浅学)

湯浅学さんの大著作集『大音海』の出版を目指し、そのイントロダクションとして湯浅さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく本連載。今回は前回に続いて、1993年に『...

  Like   boid  boid from 2015年04月号 vol.3

大音海の岸辺 第15回 後編 (湯浅学)

湯浅学さんの連載「大音海の岸辺」第15回の後編です。前編に引き続き93年の連載「ブラック・ムーヴィーの挑戦」の最終回の原稿、そして湯浅さんが今回新たに書き下ろした解説を掲載し...

  Like   boid  boid from 2015年04月号 vol.3

ねこ日記 第14回 (湯浅学)

湯浅学さんの家に集う猫たちの緩やかに流れる日々を、湯浅さんが直筆の原稿で綴る「ねこ日記」です。 しょっちゅう遊びに来ていた外猫のココミがひどい風邪をひいて痩せ細った姿で現れた...

  Like   boid  boid from 2015年04月号 vol.1

大音海の岸辺 第14回 前編 (湯浅学)

湯浅学さんの大著作集『大音海』の出版を目指し、そのイントロダクションとして湯浅さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく本連載。今回と次回第15回は、1993年に...

  Like   boid  boid from 2015年03月号 vol.3

大音海の岸辺 第14回 後編 (湯浅学)

湯浅学さんの連載「大音海の岸辺」第14回の後編です。前編に引き続き「ブラック・ムーヴィーの挑戦」の第3回と第4回の原稿、そして湯浅さんが今回新たに書き下ろした解説を掲載します...

  Like   boid  boid from 2015年03月号 vol.3

ねこ日記 第13回 (湯浅学)

湯浅家に集う猫たちの暮らしを湯浅さん直筆の原稿でお送りしています「ねこ日記」。あたたかな季節になり、家猫たちも庭に出たり外に出掛ける時間が長くなってきました。前回、湯浅家の庭...

  Like   boid  boid from 2015年03月号 vol.1

大音海の岸辺 第13回 前編 (湯浅学)

大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅学さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく「大音海の岸辺」第13回は、前回に引き続きザ・レジデンツ祭り! 前回はCDの帯文を...

  Like   boid  boid from 2015年02月号 vol.3

大音海の岸辺 第13回 中編 (湯浅学)

「大音海の岸辺」第13回はザ・レジデンツのライナーノーツをお届けしています。続いては、約1分×40曲の作品が収録された『コマーシャル・アルバム』の全曲解説!そして"アメリカ人...

  Like   boid  boid from 2015年02月号 vol.3

大音海の岸辺 第13回 後編 (湯浅学)

ザ・レジデンツのライナーノーツをお届けしている「大音海の岸辺」第13回。最後は未発表作&未発表テイクを集めた『レジデュー・ドゥー』(1983年発表)の98年発売の日本盤におさ...

  Like   boid  boid from 2015年02月号 vol.3

ねこ日記 第12回 (湯浅学)

湯浅学さん家の猫たちの日常を湯浅さん直筆の原稿でお送りしています「ねこ日記」。この日記のいまの季節は春。寒さもやわらいできたのか、屋根の上で日向ぼっこする猫たちの姿も見えるよ...

  Like   boid  boid from 2015年02月号 vol.1

大音海の岸辺 第11回 (湯浅学)

大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅学さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく「大音海の岸辺」。今回は第4回と第7回で再録した「世界の休日」(『朝日ジャーナル』...

  Like   boid  boid from 2015年01月号 vol.2

大音海の岸辺 第12回 前編 (湯浅学)

boidが出版を企む大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅学さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載しているこの連載。本日はレジデンツ特集!デビューから40余年、今年はド...

  Like   boid  boid from 2015年01月号 vol.2

大音海の岸辺 第12回 後編 (湯浅学)

湯浅学さんの連載「大音海の岸辺」第12回の後編です。前編から引き続き、レジデンツの日本盤CDの帯文集をお楽しみください。『エスキモー』『コマーシャル・アルバム』、モール三部作...

  Like   boid  boid from 2015年01月号 vol.2

ねこ日記 第11回 (湯浅学)

湯浅学さんが湯浅家で暮らす猫たちの日常を直筆の原稿で綴る「ねこ日記」。猫時間でゆっくりと進むこの日記ではまだ2014年の4月初旬の時間が流れています。冬の間は寝ている時間が多...

  Like   boid  boid from 2015年01月号 vol.1

大音海の岸辺 第10回 前編 (湯浅学)

湯浅学さんの大著作集『大音海』の出版を目指し、そのイントロダクションとして湯浅さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく本連載。今回はソウル五輪が開催された198...

  Like   boid  boid from 2014年12月号 vol.2

大音海の岸辺 第10回 中編 (湯浅学)

湯浅学さんが1988年に書かれた原稿を再録しています「大音海の岸辺」第10回を引き続きお楽しみください。このページでは、ウィルバート・ハリスン、キャメオ、レーナード・スキナー...

  Like   boid  boid from 2014年12月号 vol.2

大音海の岸辺 第10回 後編 (湯浅学)

「大音海の岸辺」第10回をお送りしています。この3ページ目(後編)では、ニューヨークで見たグレイトフル・デッドのコンサートなどについて書いた記事「ニューヨークで考えさせられて...

  Like   boid  boid from 2014年12月号 vol.2

ねこ日記 第10回 (湯浅学)

湯浅学さんの家に集う猫たちの暮らしを湯浅さん直筆の原稿でお届けする「ねこ日記」第10回です。 外猫たちが餌を食べにこなくなったまま4月になりました。2月に1週間行方不明になっ...

  Like   boid  boid from 2014年12月号 vol.1

大音海の岸辺 第9回 前編 (湯浅学)

湯浅学さんの大著作集『大音海』の出版を目指し、そのイントロダクションとして湯浅さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えてお送りしている本連載。今回は1985年に横浜市のタウン...

  Like   boid  boid from 2014年11月号 vol.2

大音海の岸辺 第9回 後編 (湯浅学)

引き続き湯浅学さんの連載「大音海の岸辺」をお楽しみください。後編も1985年に書かれた横浜市のタウン誌『浜っ子』の連載記事「追憶の第二京浜」の原稿(新幹線と地下鉄の駅の開業と...

  Like   boid  boid from 2014年11月号 vol.2

ねこ日記 第9回 (湯浅学)

湯浅学さんが湯浅家に集う猫たちとの暮らしを直筆の原稿で綴ります。3月末日。猫たちを襲った風邪騒動の余波はいまだ続いているようで、ご飯を食べに来ていた外猫たちの集まりは悪いまま...

  Like   boid  boid from 2014年11月号 vol.1

大音海の岸辺 第8回 前編 (湯浅学)

大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅学さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していく本連載。今回は93~96年に書かれた原稿4本を3ページに渡ってお送りします。まずは...

  Like   boid  boid from 2014年10月号 vol.2

大音海の岸辺 第8回 中編 (湯浅学)

湯浅学さんの「大音海の岸辺」第8回をお届けしています。続いては29日発売の『てなもんやSUN RA伝 音盤でたどる土星から来たジャズ偉人の歩み』の出版記念として、サン・ラーが...

  Like   boid  boid from 2014年10月号 vol.2

大音海の岸辺 第8回 後編 (湯浅学)

引き続き湯浅学さんの「大音海の岸辺」をお楽しみください。最後は今年で創刊45周年を迎えた音楽誌『ミュージック・マガジン』が、94年に25周年を記念して企画した特集「私が愛聴し...

  Like   boid  boid from 2014年10月号 vol.2

ねこ日記 第8回 (湯浅学)

湯浅学さんが湯浅家で暮らす猫たちの日常を直筆の原稿で綴る「ねこ日記」の第8回。 家猫のはちや弦、なな、トラオたちは風邪の症状がようやく治まってきました。ですが、外猫のココミの...

  Like   boid  boid from 2014年10月号 vol.1

大音海の岸辺 第6回 前編 (湯浅学)

boidが出版を目論む湯浅学さんの大著作集『大音海』。その編纂を兼ね、湯浅さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していくこの連載、今回は1982~83年に当時創刊ほや...

  Like   boid  boid from 2014年09月号 vol.2

大音海の岸辺 第6回 後編 (湯浅学)

引き続き82~83年に連載していた「新★スター服飾カルテ」、そして湯浅さんの書下ろし解説をお楽しみください。後編はミニスカート、ホットパンツ、パンタロンなど、女性歌手の下半身...

  Like   boid  boid from 2014年09月号 vol.2

大音海の岸辺 第7回 (湯浅学)

湯浅学さんの大著作集『大音海』の出版を目指し、そのイントロダクションとして湯浅さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載している本連載。今回は第4回で再録した「世界の休日...

  Like   boid  boid from 2014年09月号 vol.2

ねこ日記 第7回 (湯浅学)

湯浅学さんが湯浅家で暮らす猫たちの日常を直筆の原稿で綴る「ねこ日記」第7回です。 ある春の夜の弦のくしゃみをきっかけに始まった風邪騒動。風邪の蔓延は湯浅家を訪れる外猫たちをも...

  Like   boid  boid from 2014年09月号 vol.1

大音海の岸辺 第5回 前編 (湯浅学)

この連載は、いつの日か完成するはずの湯浅学さんの大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していきます。今回は1994年に書かれた原稿...

  Like   boid  boid from 2014年08月号 vol.2

大音海の岸辺 第5回 後編 (湯浅学)

湯浅学さんが今から20年前、1994年に執筆した原稿をお届けしています。後編は94年のベスト10アルバムに、弔いの音楽として大韓民国の巫儀の音曲と裸のラリーズが交錯、そしてア...

  Like   boid  boid from 2014年08月号 vol.2

ねこ日記 第6回 (湯浅学)

湯浅学さん家の猫たちの日常を湯浅さん直筆の原稿でお送りしております「ねこ日記」。「弦(ゲン)」のくしゃみと鼻水から始まった風邪騒動。はちにもうつって、被害は徐々に拡大中です。

  Like   boid  boid from 2014年08月号 vol.1

ねこ日記 第5回 (湯浅学)

湯浅学さんの家で暮らす猫たちについての日記を、直筆原稿でお届けする「ねこ日記」第5回。3月のある夜、湯浅さんの横で寝ていた「弦(ゲン)」が大きなくしゃみを連発。その翌日、黒猫...

  Like   boid  boid from 2014年07月号 vol.2

大音海の岸辺 第4回 (湯浅学)

出版の目途が立たぬまま日増しにページが増え続けています、湯浅学さんの大著作集『大音海』。本連載では、その編纂作業を兼ね、湯浅さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載して...

  Like   boid  boid from 2014年07月号 vol.2

大音海の岸辺 第3回 前編 (湯浅学)

本連載では、boidが出版を企む湯浅学さんの大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していきます。 今回は第2回に引き続き、1987...

  Like   boid  boid from 2014年07月号 vol.1

大音海の岸辺 第3回 後編 (湯浅学)

湯浅学さんが87年に執筆した原稿の第2弾をお届けしています。後編は『ミュージック・マガジン』でクロス・レヴューに参加した原稿に加え、リトル・フィート、あがた森魚、マイケル・ジ...

  Like   boid  boid from 2014年07月号 vol.1

ねこ日記 第4回 (湯浅学)

湯浅学さん家の猫たちの日常を湯浅さん直筆の原稿でお送りしております「ねこ日記」。黒猫「はち」の失踪騒ぎも一段落した3月。冬の寒さを乗り切った猫たちでしたが、風邪が蔓延し始めて...

  Like   boid  boid from 2014年06月号 vol.2

大音海の岸辺 第2回 前編 (湯浅学)

この連載では、boidが出版を目指している湯浅学さんの大著作集『大音海』の編纂を兼ね、湯浅さんの過去の原稿に書き下ろしの解説を加えて掲載していきます。今回は1987年に執筆さ...

  Like   boid  boid from 2014年06月号 vol.1

大音海の岸辺 第2回 後編 (湯浅学)

湯浅学さんが87年に執筆した原稿をお届けしています。前編に引き続き、『ミュージック・マガジン』の「再訪 ニューオーリンズ・ミュージック」特集におけるもう1本の記事「アラン・ト...

  Like   boid  boid from 2014年06月号 vol.1

大音海の岸辺 第1回 前編 (湯浅学)

boidでは数年前から音楽評論家・湯浅学さんの著作集『大音海』の出版を目指し、少しずつ編纂作業を進めてきました。が、何しろ湯浅さんが過去数十年に渡って書いた膨大な原稿を整理す...

  Like   boid  boid from 2014年05月号 vol.2

大音海の岸辺 第1回 後編 (湯浅学)

湯浅学さんが86年に執筆された原稿をお届けしています。 後編では『ミュージック・マガジン』の「アジアのおもしろ音楽」特集に寄稿された韓国のロック・バンドについての原稿「韓国の...

  Like   boid  boid from 2014年05月号 vol.2

ねこ日記 第3回 (湯浅学)

湯浅家で暮らす猫たちのことを、湯浅さんが直筆で綴る「ねこ日記」。ある冬の夜、黒猫の「はち」が姿を消して約1週間、ペット探偵を雇って捜索するもはちは見つかりませんでした。しかし...

  Like   boid  boid from 2014年05月号 vol.2

ねこ日記 第2回 (湯浅学)

「ねこ日記」第2回です。湯浅家で暮らす猫たちに関する日記を湯浅さん直筆の原稿でお届けします。今回は2月21日から23日までの3日間の日記。17日の深夜に家を出たまま戻ってこな...

  Like   boid  boid from 2014年05月号 vol.1

ねこ日記 第1回(湯浅学)

文・写真=湯浅学 湯浅学(ゆあさ・まなぶ)音楽批評家。ロックバンド「湯浅湾」のリーダー。近著に『ボブ・ディラン ロックの精霊』(岩波新書)など...

  Like   boid  boid from 2014年04月号 vol.10

バックナンバー(もっと見る)

2017年03月号 vol.2

3月号第2週は海老根剛さん、明石政紀さん、湯浅学さん、樋口泰人の記事を配信...

2017年03月号 vol.1

3月号第1週は杉原永純さん、風元正さん、青山真治さん、桜井鈴茂さん、三宅唱...

2017年02月号 vol.4

2月号第4週はロビン西さん、Soi48、直枝政広さん、土居伸彰さん、樋口泰...