boidマガジン

2017年05月号 vol.4

Animation Unrelated 第41回 (土居伸彰)

2017年05月27日 21:44 by boid
世界中のアニメーションの評論や上映活動を精力的に行なっている土居伸彰さんの連載「Animation Unrelated」第41回は、前回に続いてアニメーション作家が制作したインディ・ゲームの話題です。今回紹介してくれるのは、大学を中退して田舎に戻ってきたネコの女の子が主人公だというゲーム『Night in the Woods』。このゲームはある一定のストーリー=物語が存在するそうなのですが、「パターン」や「繰り返し」という観点から見るとかなり衝撃的なゲームのようです。

スコット・ベンソンほか『Night in the Woods』



パターンのなかで


文=土居伸彰


 前回に続いてインディ・ゲームの話。『Night in the Woods』というゲームを昨日ちょうどクリアした。アニメーション作家のコレクティブ「レイト・ナイト・ワーク・クラブ」の一員スコット・ベンソンが制作したゲームである。アニメーション作家がゲーム制作に乗り出すというテーマ自体は既にこの連載でもデイヴィッド・オライリーなどの例で触れているが、それらの例に漏れず、このゲームもやはり既存のゲームのイメージからは少し外れたものである。個人的には、「物語もの」という点で、「ゲームというフォーマットだとこんな物語の語り方がありえるのか!」とかなり衝撃的なゲームでもあった。オライリーの『EVERYTHING』と並んで、アニメーション表現自体のこれからを占う部分もあるような気さえしている。

『Night in the Woods』トレイラー
この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

微笑みの裏側 第16回 (Soi48)

2017年05月号 vol.4

『ロビン西の描き捨てノートマンガ2004-2014』 第29回

2017年05月号 vol.4

サバーバン・ブルーズを蹴散らしながら 第16回 (桜井鈴茂)

2017年05月号 vol.4

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年12月号

【重要なお知らせ】 boidマガジンは下記URLの新サイトに移転しました。...

2018年11月号

【11月号更新記事】 ・《11/25更新》三宅唱さんのによる「無言日記」第...

2018年10月号

【10月号更新記事】 ・《10/30更新》冨田翔子さん「映画は心意気だと思...