boidマガジン

2017年05月号 vol.1

YCAM繁盛記 第34回 (杉原永純)

2017年05月06日 11:25 by boid
山口情報芸術センター=YCAMのシネマ担当・杉原永純さんが日々の仕事や生活、同センターの催しについて記録する連載「YCAM繁盛記」。本連載にも度々登場してきたYCAM制作の映画『ギ・あいうえおス 他山の石を以って己の玉を磨くべし』(柴田剛監督)がいよいよ劇場公開されます。今回は同作のプレミア上映の際に山下敦弘監督が言った「だから、何?と言ったら負けな映画」という表現をもとに、いま一度『ギ・あいうえおス』が紹介されるとともに、YCAMである作品を見たお客さんから寄せられたクレームから考えさせられたことなどが語られます。


YCAM通常上映会場のスタジオCの入り口に掲げられた「C」のLEDサイン。ちょっとずつ模様替え



「だから、何?と言ったら負けな」映画


文=杉原永純


 春になると山口市内は最高気温が急激に上がる。だいたい25度を超えてくるのだが、陽が落ちるとグングン下がる。盆地の宿命。この時期は何を着るか難しいし、体調を崩しやすい。YCAMに来て3年が経った。3度目の春が来た。

ホンマタカシ監督『最初にカケスがやってくる』(225分バージョン=で、定点観測ワンカット)

最近のライブ上映。写真家・ホンマタカシ監督『最初にカケスがやってくる』上映に合わせて行った音楽家・原摩利彦氏によるライブ風景。ホンマさんも原さんも創作に極めて実直なナイスガイだった!


 遂に7月に渋谷・ユーロスペースで、劇場公開に至る柴田剛監督最新作『ギ・あいうえおス 他山の石を以って己の玉を磨くべし』。公式サイトもなんとかオープン。まだ見れていない方が多いと思いますので、まずは予告編を見てもらいたい。
この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

微笑みの裏側 第16回 (Soi48)

2017年05月号 vol.4

『ロビン西の描き捨てノートマンガ2004-2014』 第29回

2017年05月号 vol.4

サバーバン・ブルーズを蹴散らしながら 第16回 (桜井鈴茂)

2017年05月号 vol.4

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年12月号

【重要なお知らせ】 boidマガジンは下記URLの新サイトに移転しました。...

2018年11月号

【11月号更新記事】 ・《11/25更新》三宅唱さんのによる「無言日記」第...

2018年10月号

【10月号更新記事】 ・《10/30更新》冨田翔子さん「映画は心意気だと思...