boidマガジン

2017年06月号 vol.1

YCAM繁盛記 第35回 (杉原永純)

2017年06月09日 00:58 by boid
山口情報芸術センター=YCAMのシネマ担当・杉原永純さんの連載「YCAM繁盛記」第35回は、YCAM制作の映画『ギ・あいうえおス 他山の石を以って己の玉を磨くべし』(柴田剛監督)の劇場公開、同じくYCAM制作の染谷将太監督作『ブランク』のお披露目上映、そして「カナザワ映画祭2017 at YCAM」+「YCAM爆音映画祭2017」と怒涛の夏のイベントに向けた準備に追われる日々の記録。さらに『ギ・あいうえおス』&柴田監督とともにドイツ・フランクフルトで開催された映画祭に参加した際の話も。


撮影:内堀義之/染谷将太監督『ブランク』メインビジュアル。YCAM FILM FACTORY第三弾完成



2017年夏のイベントに向けて東奔西走


文=杉原永純


 猛烈な勢いでこの夏にかけて自分がやることの情報リリースが始まっている。もう既に全部把握できている自信がない。
 それに加えて、この1ヶ月はたいへん移動が多い月になった。山口→東京・染谷作品仕上げ立会い/『ギ・あいうえおス 他山の石を以って己の玉を磨くべし』先行上映@ユーロライブ→山口→東京→アブダビ経由/ドイツ・フランクフルト→東京・柴田監督取材などなど→山口。
 例年の倍の期間・規模でのYCAM爆音上映となる「カナザワ映画祭2017 at YCAM」「YCAM爆音映画祭2017」の2大特集上映と、昨年から細々続いていた染谷将太監督作品『ブランク』(正式タイトル決定!)のMAに立会い、無事8/11(金・祝)「真夏の夜の星空上映会」でのお披露目上映が決定。さらには、8/12(土)より染谷将太+菊地凛子+金林剛+YCAM「新作インスタレーション」を行うこともひっそり発表。会場は「潜行一千里」と同じスタジオB。十分過ぎるぐらい広い。さてどう使うか。
 みんな忙しい。東京を離れて少しはペースをつかんできたはずなんだが、仕事詰め過ぎる傾向は上半期で抑えておきたい(いつもそう願っている気がする)。夏からは、YCAMでは最後の映画製作だと位置付けている三宅唱滞在映画制作が始まる。集中できるようにしたい。
この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

特別寄稿 沖縄タコス(虹釜太郎)

2017年06月号 vol.4

レジデンツに寄せて、あれからもう32年 (明石政紀)

2017年06月号 vol.4

映画川特別編 「清原惟レトロスペクティブ」 (三浦哲哉)

2017年06月号 vol.4

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年12月号

【重要なお知らせ】 boidマガジンは下記URLの新サイトに移転しました。...

2018年11月号

【11月号更新記事】 ・《11/25更新》三宅唱さんのによる「無言日記」第...

2018年10月号

【10月号更新記事】 ・《10/30更新》冨田翔子さん「映画は心意気だと思...