今日の映画川は、ひとつの作品ではなく、ある映画祭について取り上げます。それはヒューマントラストシネマ渋谷で開催される【未体験ゾーンの映画たち2015】。1月3日から2月下旬までの約2ヵ月に渡って、計49本もの日本劇場未公開作が上映される劇場発信型の映画祭だといいます。映画批評家の大寺眞輔さんが、このような映画祭の意義について考えながら、同イベントで上映される作品の中からお薦めの4本を紹介してくれます。

【未体験ゾーンの映画たち2015】で上映される『ブルー・リベンジ』

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。