アーティスト・梅田哲也さんの連載「ほとんど事故」第8回をお届けします。
マニラで展覧会の初日を迎える前夜の、バーベキューパーティーの愚痴からはじまって、人との関わり方、前回の記事にも登場したカヤン村の子どもたちや、ある少年との思い出、そして自分のことを言葉で相手に伝えることの難しさについて。担当者Tにはちゃんと言いたいことが伝わっているのでしょうか。


撮影:ちひろ




この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。