「大音海の岸辺」第10回をお送りしています。この3ページ目(後編)では、ニューヨークで見たグレイトフル・デッドのコンサートなどについて書いた記事「ニューヨークで考えさせられてしまった」と1988年のベストアルバムの選評、そして湯浅さんが今、1988年のことを振り返って書いた解説をご覧ください。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。